キャッシング 債務整理

キャッシングの債務整理後はどのようにすればいいのか

キャッシングを利用しますと必ず元本と利息を返済しなければいけませんが、色々な非常でやむをえなく債務整理をして合法的に債務の返済義務を免除してもらうこともあります。
債務整理が認められた後にはキャッシング会社とはどのような付き合いになるのでしょうか。そしてどのようにすればいいのでしょうか。
債務整理の方法にもよりますが、自己破産をした場合には債務整理後は一円たりともキャッシングの返済をする必要がありません。裁判所で自己破産が認められたからです。

 

そして自分の持っている財産などを処分してキャッシング会社に返済をすることになります。
ただし、現金が残っている場合には99万までは持つことが許されます。

 

そして当然のことですが、ブラックリストに掲載されますので今後かなりの間はキャッシング会社からはお金を借りることができません。
自己破産をしたキャッシング会社からは今後一生借りられないものだと思ってください。
そして個人再生などをした場合には残債を圧縮してもらい、キャッシング会社に返済をしていくことにます。大体三年以内に返済をしていくのですが、返済額が少なくなったこともあり、債務整理後は返済が楽になります。

 

しかしそれももしも滞ってしまった場合には個人再生を取り消しされてしまう可能性もあるのです。
ただ元本などは既に返済している場合には、場合によってはその後の支払が免除になることもあります。
債務整理後はキャッシング会社からの信頼は確実になくなります。

 

個人再生や特定調停などをした場合には確実に圧縮された借金は返済をするようにしてください。
これがせめてもの誠意となります。